×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本舞踊


なんで襦袢が!? ( ̄□ ̄;)!!……



2006年・・・発表会で新舞踊を踊ったときのことです。

気に入っていた曲を踊らせてもらえることになり、
すごーく気合を入れていたのですが

大失敗をしてしまいました(T0T)

イントロが流れて「さぁ、いくぞ」と舞台袖からスーッと走り出た途端、
目の隅になにやらヒラヒラとピンクの物が・・?


「えっ!!なにこれ!!襦袢の袖が出てるっ!」

と一瞬後に理解しましたが

もうどうすることもできず、

「なんでなんで!?どうして〜〜!?」と泣きたい気持ちで最後まで踊るはめに。


ずっと以前に教わって、いつも下の写真のように襦袢が出ないよう
バツ印に糸でとめているのですが・・・





この時も、しっかりとめていたにもかかわらず、

あまりにも慌てて着替えたため最後の“鏡の前でチェック”を怠っていたのです(涙)

(ちゃんと袖を入れてなかったんですね。なんという失態)



一生懸命お稽古したのに・・・

踊っていてもそればかりが気になって踊りに没頭できず(××)

情けなくて恥ずかしくて未だにそのときのビデオは見れません。

「舞台に上がる前の最終チェック」大切ですよ〜〜!!
 Copyright (C) 着物と日舞と島暮らし All Rights Reserved