×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本舞踊のページ

発表会での失敗



         
あぁぁぁ・・・・私の発表会での失態を見てやってください・・。
             

 
                 ↑
最後の総踊りですが・・・右側の白い着物が私です。


帯が下がってピンクの伊達締めがはっきりと〜〜・・・!!( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!………ガーン

とても気に入って購入したばかりの帯なのですが、いかんせん柔らかくて腰がないのです。

同じに結んでいたのに、なぜリハーサルの時に気づかなかったのか (T0T)

子供たちの着せ替えその他であわてていたことも反省・・
やはり余裕をもたないとだめだとあらためて感じました。



しかし、失敗は成功の元!! 

次回からこんなことにならないようにどうしたらいいものか考えました。


それでちょっといい方法を発見 d(^0^)b
(というほどでもないかなぁ・・みなさんすでにされているかもしれませんが・・)


やわらかな半幅帯の時は帯揚げを一緒に使いましょう☆



まず普通どおりに手を上に結んだ後、手先の根元(結び目の上)に
細めにたたんだ帯揚げをおいて後ろで軽く結んでおきます。

初めの巻き方からわからないよという方は着付け〜まずは浴衣から♪をご参照ください。




そして普通どおりに羽根をお好みでたたみます。



手先を上からかぶせてきて下から上にくぐらせ結びます。



本当にやわらかな帯なので羽根もくたっとしていますが
これなら時間がたっても伊達締めが出ることはありません。

そっと後ろへ回し、帯揚げをきれいに結び直して出来上がりです☆



前から見るとこんな感じ。

帯揚げを出したくない場合は、ほそ〜い帯締めがいいと思います。

あと、今後、伊達締めの色は着物と同色にしようと決めました。
(これならうっかり出てもあまりわからないでしょう)





Copyright (C) 着物と日舞と島暮らしAll Rights Reserved