×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   

着物のページ

着物の着分け方

きものの着分けについて


着物には「袷(あわせ)」「単(ひとえ)」「薄物(うすもの)」があります。

洋服と違って型が決まっている着物は、素材・柄・仕立て方によって
季節に合った着方をするように考えられています。


「袷」・・・総裏の着物  10月〜5月まで着用

「単」・・・裏地のない着物  6月・9月に着用

「薄物」・・・絽・紗・麻などの透け感のある着物  7月・8月に着用


しかし、現在はあまりかたく考えず、その土地の気候に合わせて柔軟に対応して
いるようですので、それほどこだわらなくても大丈夫だと思います。
(でもお茶席などのフォーマルの場ではやはりきちんとした方がいいですね)


単を選ぶときは、生地に注意しましょう!


さらりとした肌触りの良い生地・裾さばきのよい生地・座ったり立ったりしても
ひざが出にくいしっかりとした生地がいいですよ☆

紋意匠ちりめん・しぼの細かなちりめん・本塩沢・紬ちりめんなどがおすすめです♪

裏地がなくても着心地の良いものを選びましょう。



紗合わせのきもの


6月と9月にだけ着るという紗合わせのきものがあります。

絽と紗を2枚重ね合わせたとってもとってもデリケートな感じの着物です。

「あれ?単のきものも6月と9月だったよね・・」と思われた方、

そうなんです。単も紗合わせも同じ時期に着られる着物ですね。d(^-^)


ではでは、どうやって着分けたらいいのでしょうか?


特に決まりはありませんので起きたときの気分で着ていただいて

かまわないのですが・・・

私は紗合わせはお天気のいい太陽がまぶしいくらいの日に着ていただくと

透け感がきわだってより素敵に着こなせるのでは・・と思います。


薄い生地の間から透ける模様・・

とても贅沢ですが、女心を満足させてくれる着物ですね。


ちなみに、6月(真夏前)は白っぽい薄い色合いのもの

9月(夏が終わったころ)は濃い目の色合いがしっくりくるように思います。


●夏の風物詩を楽しもう♪


なんといっても洋服と違ったきものの楽しみ方に「季節感」を

取り入れて装うことがあげられますね。(^0^*)

基本的には季節は「先取り」とされているので、たとえば七夕にちなんだ模様でしたら七夕の日まで、

夏をイメージさせるうちわ金魚・風鈴など・・は8月いっぱいまでにした方がいいでしょう。




Copyright (C)    着物と日舞と島暮らし All Rights Reserved